思春期ニキビと大人ニキビの違い

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違い。皆さんわかりますか?
名前から推測して、出来る時期が学生時代か大人になってからかという違いだろうと思っている人は多いかもしれません。それも間違いではないですが、そもそも出来る原因が違うのです。

思春期ニキビ

簡単に言うと、皮脂過剰の一点集中型のニキビです。
10代(思春期)にできるニキビは、成長期における男性ホルモンの分泌が一時的に高まり、皮脂が過剰に分泌されることが原因となっています。そのため、皮脂の分泌が多い髪の生え際やおでこ、Tゾーンなどに発生しやすいのが特徴です。
思春期を過ぎて、ホルモンバランスが整うと、比較的落ち着いてくることが多いです。

大人ニキビ

簡単に言うと、様々な原因の複合型のニキビです。
20代以降に繰り返される大人ニキビは、乾燥などによる肌のターンオーバーの乱れによる角質肥厚、ストレスやホルモンバランスの乱れによる皮脂過剰、また生活環境なども加わった様々な要因が複雑に絡み合っており、同じところにできやすいのが特徴です。
大人ニキビで皮脂をどんどん取り去るだけのケアはNG。角質ケアや保湿ケアも大切です。

大人ニキビで、せっせと毛穴の汚れや余分な皮脂落とす洗顔重視ケアをしても改善しないのは、原因の複雑さが違うからです。
「洗顔をしっかりやっているケア」では、ニキビとはサヨナラできないのです!

ニキビ・スキンケア商品を比べてみました

調査概要

  • ・調査方法:WEBアンケート
  • ・母集団:528名
  • ・調査対象地域:日本全国
  • ・調査対象者:20~50代の女性
  • ・有効回答数:449名
  • ・調査実施期間:2016年12月~2017年4月
  • ・調査企画:斎藤美和